ゴルフレッスン(アイアン編) - ゴルフの基本についてレッスン

アプローチショット時の重心

アドレスにおける基本的な重心は右足になります。 テークバックで左から右への体重移動を行うためにも、その前からある程度右に重心をおくことが理想です。


しかし、アプローチなどのコンパクトなスイングを行う場面においては右ではなく、左に重心を置きます。 それは、アプローチではほとんど体重移動を行わないからです。


体重移動の利点は、力を使わずに、スムーズな流れを促すことによる”飛距離と安定性の確保”です。 無駄な力を使わずに、体の回転を用いてより遠くへ、さらに安定したショットを実現するために、体重移動が必要となってくるわけです。


アプローチではまず飛距離なんてものはいりません。重要なのは狙った位置にボールを飛ばす(転がす)ことです。 安定性という面はアプローチでも当然必要となりますが、ハーフスイング以下の場合は体重移動がかえって仇となります。


基本はどのスイング過程においても重心は一定を保つことです。 アドレス、テークバック、トップ、ダウンスイング、すべての過程で左足に重心を置いた状態にしておきます。 言い換えれば、重心を一定にするということは、手打ちの要素が強いということです。


手打ちのスイングは良くないイメージがあると思いますが、こういった小さなスイングにおいては、コントロールを良くするためにも有効な手段といえます。


ここで注意しなければいけないのが、打ち込みのイメージです。 下手に下からすくって高くあげようとすると、腰が回転してしまい手前をダフルことになります。 ボールの手前を鋭角に打ち込むイメージが理想です。 ポイントはボールの側面ではなく、何センチか手前を打つようにイメージすること。


アプローチではロフト角が広いクラブを使用するため、手前を狙ったほうが程よい高さのボールを打つことが可能となります。 側面を狙うと、かなりの確率で弾道の低いショット(トップ)になってしまいます。


ある程度の高さのある弾道を打とうするならば、それは人間がそうしようとするのではなく、クラブが勝手にやってれることです。 ですので、クラブのロフトを生かすためにも、手前を叩いてボールに向かってある程度”滑らせる”ような感じにするとうまくいきます。


ずっと左に重心を置きながらスイングすることは、案外窮屈な感じがします。 今まで体重移動を使用したスイングを行っていたため、 手だけで打とうとすると、窮屈さゆえに最初はけっこうダフリが発生します。 そこは日ごろの練習で慣れておくようにしましょう。

Golf Basic Lesson

ゴルフは難しい。そして奥が深すぎる。
「ただ当てればいいだけ」という安易な考えは一切通用しない。
人それぞれ色んな独自の手法、考えがあり、何が正解ということはない。
経験を通じて得た「私的ゴルフ理論」をお伝えしていきます。